投資の本質に迫るブログ

投資をする前に本当に知っておくべきことはなんなのでしょうか。投資で成功するにはたくさんの知識が必要ですが、たくさんある故に一番大切なものを蔑ろにして勉強し、投資を知っている気になってしまい、残念な結果になる人が多いのです。

指輪のリフォームで資産価値は再評価される

ダイヤや貴金属のアクセサリーはリフォームすれば資産価値が上がります。
古いジュエリーのリフォームにより、デザインを洗練させることができます。
使用していない指輪などのアクセサリーがある場合には、リフォームをして鑑定価値を高め有効活用するのが合理的です。
新しいデザインに変更されたジュエリーを自分で使用することもできますが、専門店に買取依頼することも考えられます。
またデザインを変更する際に余った貴金属は引き取ってもらうことができます。
押入れや箪笥の奥に眠っていた指輪などをリフォームすれば、臨時収入につながります。

指輪などのジュエリーは装飾品として自分で使用する以外に、投資目的で購入する場合もあります。
ダイヤや貴金属は価値が安定しているため、リスク回避に利用できます。
経済が好景気になると、一般的に物価が上昇してインフレーションが起こります。
様々な商品やサービスの価格が上がるため、資産を現金で保有していると目減りしてしまいます。
しかしダイヤや貴金属の形で資産を保有していれば、物価上昇に合わせて価値が高まるので資産の目減りを防ぐことができます。
ジュエリーへの投資はインフレーションとは反対に、デフレーションが発生した場合にも有効です。

経済が不景気となりデフレーションが発生すると、様々な商品やサービスの価値が下がります。
株式や債券など信用リスクのある資産に投資していると、発行主体の破綻により資金を回収できなくなる可能性が存在します。
しかしダイヤや貴金属には発行主体がおらず、信用リスクがありません。
地球上の埋蔵量は限られており希少性があります。また世界中で常に一定の需要が存在します。
供給が限定的で、需要がなくなることがないためダイヤや貴金属の価格は長期的に上昇すると予想されます。

ダイヤや貴金属には信用リスクがないため、経済が不景気になった場合でも価値が完全に失われることがありません。
ジュエリーへの投資はインフレーションとデフレーションの両方に対して有効です。
指輪などのアクセサリーを使用しないまま保管している場合には、時期を見計らって売却したりリフォームすることが重要となります。
ジュエリーの相場も一時的に下がることはありますが、長期的に値上りを待ち適当な時期に売却することができます。

資産運用方法には様々なものがあります。
株式投資などでは短期的な取引で利益を得ることも可能ですが、ジュエリーによる資産運用は長期的に行なうのが基本です。
ハイリスク・ハイリターンな投資だけでなく、ダイヤや貴金属への投資などリスクの小さい投資方法も併用すると安全に資産運用ができます。
景気変動による信用リスクの顕在化に備えて、ダイヤや貴金属を購入するのは有効な方法です。
古い指輪などがある場合には、リフォームをすれば鑑定価値を高めることができます。

使用していない指輪などのアクセサリーをリフォームすれば、洗練されたデザインに変更し有効活用できるようになります。
デザインを変更したアクセサリーを自分で使用しながら、適当な時期に売却すればまとまった現金を作ることも可能です。
アクセサリーには実用的な側面と投資的な側面があります。
大きな利益を求める場合にはリスクを許容して株式投資など行なう必要がありますが、ある程度まとまった資産が存在する場合には一定割合をダイヤや貴金属で保有すると安心です。
ダイヤや貴金属などジュエリーはいざというときの備えになります。

古いデザインの指輪をリフォームすれば、資産価値は再評価されます。
日常的に自分で使用することもできますが、適当な時期に売却すれば臨時収入になります。
もちろん売却により得た利益は生活費に充てることが可能です。
一方でより大きな利益を得られる可能性がある株式投資などに充てることもできます。