投資の本質に迫るブログ

投資をする前に本当に知っておくべきことはなんなのでしょうか。投資で成功するにはたくさんの知識が必要ですが、たくさんある故に一番大切なものを蔑ろにして勉強し、投資を知っている気になってしまい、残念な結果になる人が多いのです。

会社員がエスペックに投資をするなら

会社員が株に投資をする場合、場中を見ることが出来ないのでかなり不利になってしまいます。
場中を見ることが出来なくても投資をすることが出来ますし、逆に見れないことによって有利になることもあります。
例えば、持ち株がぐんぐん上昇称している場合、場中では上がったり下がったりをしながら上昇していくわけですから、その様子を見ていた時には早めに売ってしまって、大きな利益を取り損なってしまうこともあるので、必ずしも見れないことがデメリットだらけということにはなりません。
しかし、逆にどんどん株価が下落している時に早めに対処できないことを考えると、やはり場中を見ることが出来ないデメリットは大きなものとなります。

そこで、会社員がエスペックに投資をする時にはまず購入をするタイミングを見計らうことが大切です。
会社員の場合、どうしても対応が後手後手になってしまいますからその不利を最小限に抑えるためには、良いポイントで株を購入することが大切です。
安値圏でエスペックを購入することができれば、多少の値動きに対して右往左往する必要がなくなるので、とにかくポジションを持つ位置に心がけるようにしましょう。

そして、場中を見ることが出来ない場合にリスクを最小限に抑えるためには、逆指値を常に設定しておくというのも良いでしょう。
逆指値というのは決まった株価に到達した場合、自動的に売り注文を出すという機能であり損失を限定することが出来ます。
逆指値をセットしておけばエスペックに悪材料がでて大きく下落するようなことがあっても、早めに損切りをすることができるのでリスクを最小限に抑えることができるので、会社員でも安心して投資をすることが出来ます。